井戸掘りで水不足解消!~ホリホリ業者の底力~

作業員

地盤の改良工事

いざというときの備えとしての地盤改良

街を歩いていると様々な建物を建設している場面によく出くわしますが、よくみると重機のようなもので深い穴を掘っている様子がうかがえます。 このような工事はたいていは地盤改良工事です。地盤改良をする必要性は、地震が来たり、地滑りがあった場合など、いざというときのために、お金をかけて施しておく必要があります。地震に関して言えば、これから日本では大きな地震が起こる可能性が高く、その地震に備えることは決して悪いことではありません。中にはそんなネガティブなことを考えたくないと現実を見ない人もいますが、もはやネガティブやポジティブの話ではなく、現実として地震はいつ起こってもおかしくないのです。 耐震工事も重要だという意見もありますが、いくら地震に強い建物を建てたとしても地盤が軟弱であれば建物は崩れる可能性もあります。

地盤調査の問題点を探ろう

地盤が良好地盤かどうかは、地盤調査をしないとわかりません。地盤調査をして、必要ならば地盤改良を行うわけですが、実は地盤改良自体が必要でない場合も多いのです。地盤改良をした土地のうち、7割は地盤改良をする必要がないと言われています。 なぜ必要のないものにお金をかけなければならないのでしょうか。それは地盤調査から地盤改良に至るまでは工務店やハウスメーカーが行うわけではなく、地盤の専門業者が行うのです。しかも、地盤調査から地盤改良に至るまでの流れの中で第三者が介入する余地がないのです。 つまり、地盤改良業者が白いものを黒だと言えば黒だと判断するしかないのです。そこで、地盤改良をする場合はセカンドオピニオンとして第三者に見てもらう必要があるのです。