井戸掘りで水不足解消!~ホリホリ業者の底力~

作業員

地盤に関する問題点

必要な場面とは

地盤改良が必要な場面とはどのような場面でしょうか。まずは不同沈下です。この現象は建物が不揃いに沈下を起こすことをいいます。地盤沈下が起こり、住宅が斜めになってしまっている場合がそれにあたります。不同沈下の原因は軟弱地盤が原因で起こされます。その場所に建物を建てると後でトラブルが起きる可能性が高いのです。また、不同沈下の一種に液状化現象があります。液状化現象とは地震によって地盤が液体のようになってしまう現象です。埋立地ので液状化現象が起こりやすいとされています。東日本大震災でも液状化現象が起き、その近辺の建物から引っ越した人や企業が多かったのです。このようにそのままの地盤だと建物を建てたときに問題が生じます。そこで地盤改良が必要です

種類について

地盤改良には大きく分けて3種類あります。1つ目が表層改良と言う方法です。この方法は軟弱地盤が浅い場合、軟弱地盤の部分の土を取り除いて固い土を入れます。この方法のメリットは比較的安い金額でできることです。2つ目は柱状改良と言う方法です。この方法は地面に重機で穴を開け、そこにコンクリートを流し込む方法です。この方法のメリットは地盤強度が長く続きます。その反面内側でコンクリートが固まってしまっているため、その土地を住宅などの建物以外の目的で使う場合はそれを取り除くのに非常に困難です。3つ目の方法は、鋼管杭という地盤改良方法です。この方法は地中深くに鉄の棒埋め込みます。この方法のメリットは重量建物でも充分に支えることができる点です。しかし騒音や振動が大きいことや、費用も1番かかる方法なのです。